プライヴェート・セッション pt. 2

shit_pieのセラピーブログ。

さらば2017年。Buy Nowers Club Vol. 7のこととか。

去る12月27日はDirty Dirtさんと館脇くん主催のイベント、Buy Nowers Club Vol. 7にお越しいただきましてありがとうございました。最初はどうなることかと思いましたが、おかげさまで大盛況。zineも用意した冊数がギリギリだったということで、ご迷惑をおかけしたみなさまには申し訳ありませんでした。

壇上ではリラックスしていましたが、ひとまえでしゃべる機会なんてないので、なにをはなしたのかはあまりおぼえていません。ビールも飲んでいたし、適当なことも言ったかもしれません……。とはいえ、館脇くんがRVNG Intl.への愛を語ったり、LSTNGTさんもアツいコメントをしていらっしゃったりと、すごくいいイベントだったように思います。

今回はそのBuy Nowers Club Vol. 7のzineに書かせていただいた、2017年のフェイヴァリット・アルバム3の文章を転載します。STUDIO VOICEやremixを読んでいたころの気持ちを思い出しながら書いた、格好つけた文章ですが、もしよかったら読んでみてください。例年、フェイヴァリットの音楽はいくらでもあるのですが、ちょっとBNCのテイストに寄せた3つの作品です。

 

John Maus - Screen Memories

f:id:shit_pie:20171231194821j:plain
2011年の傑作We Must Become the Pitiless Censors of Ourselvesから、気づけば6年もの月日が。いわずもがなアリエル・ピンクの親しき友人で、政治哲学者で、皮肉屋で(Pitchforkのインタヴューで炎上)、自称「極左極左極左」主義者。自作のシンセサイザーで奏でられるのは、ダークでドリーミーなシンセポップ。なのにどうしてこうも気味の悪い響きをしているのか、どうしてこうもアウトサイダー感が滲み出てしまうのか。ジョン・マウスの音楽は、ジェイムズ・フェラーロと田島ハルコとハイプ・ウィリアムズが共演しているかのようだし、イアン・カーティスが降霊した人生のようにも聞こえる。彼はライヴで、激しく頭を振りながら低い声で唸る。「オー、イェー!」。だがそれはちっともたのしそうには聞こえない。むしろ苦しみもがいているかのようだ。

 

Yves Tumor - Experiencing the Deposit of Faith

f:id:shit_pie:20171231195043j:plain

イヴ・ツーマー(腫瘍)ことショーン・ボウイ。PANからリリースした2016年のSerpent Music(蛇の音楽)で脚光を浴びたクィア。そのファッションにはアルカを重ねずにはいられないし、事実、Hood by Airのショウへの参加経験も。その音楽はサンプリングの快楽主義に亀裂を入れる、いびつな脱構築ヒプナゴジック・コンクリート・ミュージックとでも呼ぶべきもの。あきらかにヴェイパーウェイヴの影響下にある霞がかったサウンドはビルボード・ホット100を独占するトラップやR&Bを茶化しているようにも聞こえる。ひっそりとリリースされたこの謎めいたデータ・コンピレーション(WAVとAIFFとが混在する雑さ)はアルカやガイカよりもザ・ケアテイカーやグルーパーと比較されるべき? そんな本作をTMTは2017年のフェイヴァリット第2位に選出。最近は坂本龍一のリミックス・アルバムに参加というニュースも。作品は否応なしに批評的だが、ライヴはフィジカル。

 

Downtown Boys – Cost of Living

f:id:shit_pie:20171231194909j:plain

うまいとは言いがたいサックスがシンプルなフレーズを吹き、ディストーション・ギターががしゃがしゃと鳴り、ヴィクトリア・ルイズがスペイン語訛りで叫ぶ「壁は......ただの壁だ!」「ファック・イット!」。ダウンタウン・ボーイズは怒っている。なぜかって? 誰もこの理不尽に対して怒らないからだ。Sub Popとサインした極左バンド、ダウンタウン・ボーイズの新作のタイトルは“生活費”(ちなみに、前作のタイトルは“完全なる共産主義”)。言うならばこれはケン・ローチの『わたしは、ダニエル・ブレイク』やダルデンヌ兄弟の映画のパンク・ロック・ヴァージョンだ。いまもっともザ・クラッシュ、そしてジョー・ストラマーに近いのは彼女/彼らのはず。狂乱のパンク・ダンス・パーティーにこそ粗野なパワーが宿るのだ、醜悪な社会政治秩序や不均衡な自由主義を打ち壊すのだとダウンタウン・ボーイズは言う。フガジのガイ・ピッチオットがプロデュース。

 

いずれも400字弱の短評ですが、これぐらいの分量だと楽しく書けますね。亮太さんとのクロス・レヴューとなったシャムキャッツの“このままがいいね”についての文章もさっと書いたものですが、とても楽し書く書けました。

ほかにはChino Amobi、Jlin(このディケイドを代表する傑作でしょう)、Pan Daijing、Zola Jesus、Charli XCX、Equiknoxx、Fever Ray、Bibioアンビエント・アルバム、Visible Cloaksとかが候補でした。BNCでもはなしましたが、Yves Tumorも参加したMono No Awareは2017年を象徴するアルバムだったと感じています。で、これはele-king最新号で小林拓音さんが書いていらっしゃるとおりですが、ヒットした高田みどりの『鏡の向こう側』のリイシューなども含めて“アンビエント”というのは今年のキーワードのひとつだったのかなと。

あと、これは2016年におけるSkeptaの功績が大きいと思いますが、Stormzy、J Hus、Giggs、そしてゴッドファーザーWileyらに代表されるようなグライムやUKラップの躍進というのも印象に残っていますし、ぼく自身、彼らの音楽をよく聞きました。そのグライムやUKラップとコインの表と裏のような関係にあるのがダブステップやUKベース・ミュージック(これらの音楽との出会いにはele-kingの書き手である米澤慎太朗さんの筆に依るところが大きいです。Basic Rhythmも米澤さんが書いていらっしゃらなければ聞いていなかったかもしれません)で、わかりやすいところで言えばJam CityやKingdom、Bok Bokなのですが、そういったUKベースのサウンドはここ数年のエクスペリメンタル・ミュージックに多大な影響を及ぼしているように感じます。それは、ここ数年のUKベースを聞いていた若者たちがオルタナティヴな音楽をつくりはじめたということなのかなと思っています。

ところで、いまは米津玄師の『BOOTLEG』を聞いています。いままでのディスコグラフィーも聞いていましたが、もしかしたらこれがもっとも親近感の持てる作品かもしれません。あっ、紅白を観ないと。さて、“恋”も“前前前世”もなかった2017年、なにがこの国の“ヒット・ソング”と呼べるのでしょうか。“打ち上げ花火”、“ようこそジャパリパークへ”、“Likey”、“Dirty Work”、SHISHAMOの“明日も”……。考えてみると、意外とあるような、ないような。

基本的には海外の音楽ばっかり聞いているので、あいかわらずJ-POPや日本国内のロック・ミュージックの主流を占めるような音楽との距離感をつかみかねてはいますが、一方で心を震わされるような音楽との出会いも多くあります。今年出会った国内の音楽作品はMikikiの記事で挙げたとおりですが、2018年はPeople In The BoxFALSETTOS、Taiko Super Kicks、折坂悠太さん、SaToA、そしてラッキーオールドサンが傑作をリリースすることが約束されているのですし、楽しみでしかたありません。

特に折坂悠太さんの”芍薬”には驚かされました。歌唱にも、歌詞にも、演奏にも圧倒されます。

あとはThe World Will Tear Us Apartとharuru犬love dog天使の作品に期待しています。あっ、マーライオンも年頭に『ばらアイス』という素晴らしい弾き語り作品が出します。こちらはちょっとお手伝いさせていただきますが、ぼくのほうの進捗が……がんばります。

で、先のMikikiのリストでは書籍やなんかも挙げているのですが、それもパッと思いついたものを選んだだけのもので、不満足な感じを覚えたので、もうちょっと挙げておこうかなと思います。

 

東浩紀 - ゲンロン0 観光客の哲学

磯部涼 - ルポ 川崎

北田暁大栗原裕一郎後藤和智 - 現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史

小林エリコ - この地獄を生きるのだ

田亀源五郎 - ゲイ・カルチャーの未来へ

ばるぼら、さやわか - 僕たちのインターネット史

ブレイディみかこ - いまモリッシーを聴くということ

ブレイディみかこ - 花の命はノー・フューチャー(リイシュー)

アイスバーグ・スリム、浅尾敦則 訳 - ピンプ アイスバーグ・スリムのストリート売春稼業(リイシュー)

川勝徳重 - 輪唱

こうの史代 - ぴっぴら帳(ノート) [リイシュー]

斎藤潤一郎 - 死都調布

 

熱心な読書家でもないので読んだものはたいして多くないですし、ほかにもいろいろと読んだような気がしますが、とりあえずリビングの横やデスクの上に積み上げられた本の山を見て、目についたものから選びました(不誠実なことに、読みかけのも混ざってます)。

これはちょっとしたディスですが、いくつかある山のひとつのいちばん上に乗っている大澤聡編著の『1990年代論』はぜんぜん納得のいく内容じゃなかったなとふと。伝説化したり、神話化したり、ノスタルジーに浸ったりするわけじゃありませんが(さいきんのバブルノスタルジーはほんとうに気味が悪いです)、1990年代の文化ってあらゆる意味でもっと豊かだったと思います。とはいえ、巻頭の東浩紀速水健朗と編著者の鼎談はなかなかおもしろく読めました。

リストに挙げた小林エリコさんの『この地獄を生きるのだ』は友人の方便凌が編集したもの。田亀源五郎さんの『ゲイ・カルチャーの未来へ』はこれまた友人の木津毅さんの編集です。その方便や木津さんに限らず、周囲の友人たちや仕事で出会うかたのはたらきぶりには刺激を受けています。怠け者なので。Twitterをだらだらと見ていたり、まどマギを見返してくさしたりしているんじゃダメだなと。はい。でも、音楽業界を見ていると、みんなはたらきすぎないようにしてほしいなとも思います。

今年は方便と四国、関西へ旅行したことが思い出深いです。ひとに会うために行ったようなものなので、ほんとうにいろいろなかたと出会うことができました。楽しかったです。小鉄岡村詩野さん、木津毅さん、らるぷりくん、タイザフィッシュさん、台車、神野龍一さん、ありがとうございました。ひどく怠けたニヒリストなので、展望も野心も特にありませんが、余計な悪態をついたりしないように心がけつつ、来年もどうにかやっていけたらいいなと思っています。